ホーム
>
相談に関する「よくある質問」

相談に関する「よくある質問」

相談の種類・内容
どんな相談に対応していただけますか。
電話で予約はできますか。(電話相談)
面接相談
専門相談
起業の相談
DV相談
相談時間
休憩時間
夜間の相談 (土・日・祝の開設)秘密厳守
関係機関との連携
他機関(専門家・専門機関)の紹介
アドバイス

 

 

相談の種類・内容 
 京都府男女共同参画センターの「女性相談」には、どういう相談が寄せられていますか。 

【件数】 京都府男女共同参画センターでは年間、約2,700件の相談対応をしています。ここでは女性のあらゆるジャンルの悩みに対応しています。
【類型】 類型別に見ますと、「労働相談」に属するものが半数以上を占め、次いで「家族(夫婦・親子など)」に関するものが約16%、更に、「生き方」に関する相談も約10%を占めています。
【面接】 その他、面接方式(予約制)で女性の起業相談も受け付けています。
【メンタル】近年は、労働相談・女性一般いずれも「メンタル・サポート」に属する相談が増加しており、早いうちから専門の相談機関に相談し、早期の対処が望まれます。
【その他】比率は低いものの、「デートDV」、「性・からだの悩み」、「くらし」に 関する相談も寄せられています。

 

 

どんな相談に対応していただけますか。
  どんな相談に対応していただけますか。
  女性の様々な悩みの相談に応じます。
  →詳細はこちら
  相談は無料でしょうか。
  無料です。
  有料のケースはあるのでしょうか。
  相談料金をいただくことはありません。
  男性からの相談には対応していただけないのでしょうか。
  現在は、対応していません。

「らら京都」で対応できない場合は、対応していただける他の

 相談機関などを紹介していただけますか。

  内容によってご案内しています。
  →詳細はこちら

 

 

電話で予約はできますか。(電話相談)
  電話で予約はできますか。
  電話相談の「予約」はしていません。
  「らら京都」事務局では予約受付はしていただけないでしょうか。
  相談の専門回線(075-692-3437)で受付いたします。
  電話相談は何回でも可能でしょうか。
  一つの問題について1回としています。
  電話相談の場合、匿名でも可能でしょうか。
  匿名でも結構です。
(ただし、非通知を解除していただくようにご協力をお願いします。)

 

 

面接相談
  面接相談を希望したいのですが、対応はしていただけるのでしょうか。
  相談の専門回線で「予約制」で実施します。
 (075-692-3437;10時~12時、13時~18時。ただし、日・祝・水曜日を除く)

 

 

 専門相談
  弁護士相談(無料)はあるのでしょうか。
  予約制で第2・4木曜日に実施しています。
(075-692-3437;上記に同じ)

  カウンセリングを申し込みたいのですが、申込方法について

  教えてください。

  予約制で木曜日(夜間)に実施しています。
(075-692-3437;上記に同じ)
  カウンセリングを連続して利用できるのでしょうか。
  相談内容により異なります。
  相談回数に制限はあるのでしょうか。
  原則、1回としています。

 

 起業の相談
  起業に関することで、相談したいのですが。
  起業・経営相談を面接で実施しています。
  第1月曜日午後、第3木曜日午後【要予約】
(075-692-3433; 日曜・祝日を除く)
  保育の対応はあるのでしょうか。
  事前にご相談ください。

 

 

DV相談
  DV相談は対応していただけますか。
  電話相談(075-692-3437)へお電話ください。また、DV相談専用電話でも対応します。
 (075-531-9910;京都府家庭支援総合センター)
 (075-222-7711;京都性暴力被害者ワンストップ)
  相談支援センター(京都SARA)

 

 

 相談時間
  相談時間について教えてください。
  相談(電話・面接)の種類、区分・曜日によって開設時間が異なります。
  →詳細はこちら
  相談日についての定休日はありますか。
  定休日は日曜・祝日・水曜、年末年始です。

 

 

休憩時間
  お昼の休憩時間はあるのでしょうか。
  正午から午後1時は休みをとらせていただきます。

 

 

 夜間の相談(土・日・祝の開設) 秘密厳守
  仕事の関係もあり、夜間の相談をお願いできますか。
  木曜日の夜に面接相談の設定があります。【要予約】
(075-692-3437;10時~12時、13時~18時;日・祝・水曜日を除く)
  土日祝などでの相談はしていただけないでしょうか。
  秘密は守られるのでしょうか。
  土曜日に「労働」相談日の設定があります。
  相談についての秘密は厳守いたしますので、安心してご相談ください。

 

 

関係機関との連携

  妊娠、ドラッグ、借金、会社内(労働問題など)での問題などについての相談先を

  教えてください。

  当センターの他にも様々な相談機関があります。
  →詳細はこちら
 ・京都府「健康・福祉・人権」に関するページをご覧ください。
 ・京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター(京都SARA<サラ>)
 (075-222-7711)

  

 
他機関(専門家・専門機関)の紹介

 専門機関(団体・専門家など)の紹介などもしていただけるのでしょうか。

 相談内容に応じて、より適切な専門機関への橋渡しに努めています。
 平成28、29年度で延べ21専門機関(団体・専門家)に延べ100件のご紹介(orご提案)をしています。
 紹介先は、弁護士(会、法テルサ、弁護士相談)をはじめ、メンタル・サポート医療機関、生活保護・住宅関係など多岐に亘っています。

 

 

アドバイス

相談の実施状況を踏まえて、相談者へのアドバイスはありますか。

 【よくある質問】
 相談開設日には、切れ目なく電話が掛かっています。相談件数の3倍以上の「留守電」状態となっています。
 このため、相談を希望される皆さんへは、予め当センターホームページの「よくある質問・回答(Q&A)」をご覧いただく様、ご案内申しあげます。
【メンタル・サポート】
 近年の傾向として、分野を問わず「メンタル・サポート」の相談が多く、増加傾向にあります。早いうちの解決・解消のためにも、早めの相談をお奨めします。
 まずは、お気軽に当センター専用電話(075-692-3437)へお電話ください。